貯金箱

まだまだ使えるパーツ|廃車を処分する際にかかる費用

愛艇を手にするまでの流れ

船

中古艇を手に入れるのであれば、漁船販売店を利用するとよいでしょう。船の価格は船体のサイズやパーツによって違ってきます。中古艇であれば、前オーナーが乗船していた際に使用していたパーツを付けたまま売却しているケースがほとんどです。新艇の場合は、船体自体の価格が高い上、オプションや艤装品を1から揃えるとなると数百万などの高額な費用が必要となります。それに対し、中古艇はオプションパーツや艤装品、魚群探知機など始めからほとんどのパーツが揃っています。しかし、中古艇であるため気をつけるべき点もいくつかあります。まずは船の状態です。どこかにぶつかっていて大きな傷ができていたり、海上係留している船であれば藻やフジツボがつかないように塗装がされているかなどを確認する必要があります。
漁船販売店によっては、船の状態のチェックシートをつけているところもあります。そういった情報を参考に見てみるのもよいでしょう。良質な船を安価で購入するのであれば、やはりそれなりの知識が必要になってきます。船の購入を検討しているのであれば、船についているそれぞれのパーツの種類や役割を理解して、相場について調べておきましょう。親切な漁船販売店であれば、それぞれの船体についているパーツについて説明してくれたりしてくれるところもあるでしょう。

漁船販売店で船を購入する場合は、書類手続きをする必要があります。手続きの流れは販売店で船を選んだ後、船体の料金の支払いを行ない、その後陸送か回航を選びます。この時、回航の場合には代行パイロットを紹介してくれます。購入後には、車の手続き同様に名義変更が必要になってきます。また、車検のように定期検査もあるため、購入後も船を維持するためには定期的に検査を通すことが必要です。このような流れ経て、初めて船を所有することができます。手続きの流れで不明点があれば、漁船販売店に連絡することで確認をすることもできます。

Copyright © 2016 まだまだ使えるパーツ|廃車を処分する際にかかる費用 All Rights Reserved.