貯金箱

まだまだ使えるパーツ|廃車を処分する際にかかる費用

廃車にかかる費用の内訳

お金とそろばん

今ではどこにでもある解体業者などによって、廃車の引取りは無料で行われるようになっています。そもそも、廃車にする時の料金はどれくらいのものなのか確認してみましょう。まず、廃車手続きをする上で必ず必要になってくる料金の1つにリサイクル料金がというものがあります。2005年からリサイクル法がスタートしたことによって、現在では支払いが義務付け化されています。車購入時に支払うものであるため、支払われていることがほとんどであると思います。仮に支払う必要がある場合には軽自動車で約8000円、国産乗用車が約10000円ほどの料金になります。支払い済みの場合はこの分は無料で済みます。
リサイクル料以外にも必要な料金はあります。陸運局で手続きをする際の用紙代です。廃車にする場合には永久抹消という手続きを行ないます。用紙代は約100円ほどのものです。料金自体は安いのですが、自分で揃えておく必要書類が数多くあります。所有者である事を示すための認印、車検証、ナンバープレート(前後2枚)などの他にもいくつかあります。また、車の解体をしてもらうためにも約10000円前後の料金が必要となってきます。このように、自分で廃車手続きを行なっていく上では結構な料金が必要になります。これを廃車買取業者に依頼することで全て代行してもらうことができ、自分で手続きをする時に必要であった料金は無料になり、買取時料金をもらうことができるようになります。自分で手続きを行なう場合には、手間と料金がかかりますが業者に依頼すると無料で済ませることができるので、処分をする場合には業者に任せておきましょう。

Copyright © 2016 まだまだ使えるパーツ|廃車を処分する際にかかる費用 All Rights Reserved.